「猫スポ」は猫さんに関する情報&猫と触れ合えるスポット検索サイトです!!
現在の猫スポへの登録件数 全国 56
このエントリーをはてなブックマークに追加

猫さんの日々のごはん

猫さんに日々必要な食べ物に関して、その種類や向き不向きなどの解説です。
毎日の食事なだけに健康に長生きしてもらうには、一番大切なポイントかと思われます。
日々食べるメインの猫エサから、とにかく喜ぶおやつに向いている嗜好品なども出ていますので多くの種類をご紹介。

ドライフード(カリカリ)

通称カリカリのドライフードは、水分が10%程度、またはそれ以下のフードのことで、乾燥しているため、猫がカリカリと音を立てて食べるので、カリカリなどと呼ばれています。
カリカリは、とうもろこしなどの炭水化物を主原料に、安く作られ、キャットフード類の中でも特に安価な部類に入るため、今も昔もにゃんこごはんの主流となっています。
たいていが栄養バランスも計算されたものがペットフード各社から発売されていますので、毎日これが食事で問題ありませんし、実際多くの猫飼いさんがこれを主食に与えています。
猫が飽きないように、まぐろ風味やチキン風味など多様な味の品が登場していますが、猫は変化を嫌う生き物ですので、一度気に入った味が見つかったらずっとそれでもかまいません。

・ドライフードのメリット
とにかく安くて毎日あげるのに支障がない点や、日持ちするので家に大量保管しておくのに適しています。
多種類の原料を使え、成分に工夫ができるので、毛玉ケア、腎臓ケア、のように重点を置いたケアのできるカリカリもあります。

・ドライフードのデメリット
どうしても安価に量を作るために、各社猫の消化が苦手な炭水化物、特にでんぷんの多いとうもろこしを使っているものが多いため、消化や生育に難がある場合もあります。
食事の水分含有量が少なく、猫は水をあまり飲まない生き物ですので、脱水になりやすいことや、尿が濃くなり、結石のリスクなどがあります。常にごはんの近くには新鮮な水を用意してあげて、水をできるだけ摂りやすい環境を作ってください。

ウェットフード

ウェットフードとは、水分が75%程度の猫エサです。量あたりの値段はカリカリより割高で、今も昔もにゃんこのごちそうとされ、通称猫缶、と呼ばれる缶詰のものや、保管しやすいレトルトパウチのものがあります。
昔はかなり高価で、日々のごはんにするには高くついてしまいましたが最近では格安なウェットフードのパウチなども多々登場していて、水分を摂取させやすいのもあり、主食としてあげている飼い主も。
通常のウェットフードは、水分を多量に含んだ肉や魚の身のようなものが多いですが、歯が悪い猫、高齢猫のために、近年では固形物の入っていない、完全なスープ状のものも多々登場しています。
・ウェットフードのメリット
とにかく食いつきがよい。缶をあけてすぐや、レトルトパウチの封を切ってすぐは、とても香りが立ち、猫の食欲を刺激してくれますので、弱ってる時や食欲が落ち気味の時には、ドライよりウェットをあげると栄養補給によいです。
また、スープ状の猫エサなどは、病気療養中の猫に薬をあげる時などにエサに混ぜ込んで与えやすいのがメリットです。

・ウェットフードのデメリット
ある程度安価なものも登場してきたとはいえ、まだまだドライフードに比べると高価で、毎日の食事にするとドライフードを主食にする場合よりかなり高くつきます。
食事の水分含有量が少なく、猫は水をあまり飲まない生き物ですので、脱水になりやすいことや、尿が濃くなり、結石のリスクなどがあります。常にごはんの近くには新鮮な水を用意してあげて、水をできるだけ摂りやすい環境を作ってください。

おやつ

最近は猫さん用に、主食となるドライフードやウェットフードの他にも、合間に食べたり、機嫌をとるためにあげられる、おいしいおやつが多々登場しています。
チュールのような、少量が個包装になっていて、すぐに食べられる液状エサ等が多いです。
たいていの場合、猫の食いつきがよく、病みつきになる猫も多いですが、総合栄養食のように、それだけを食べて成長していけるように栄養が調整されているわけではない場合が多いため、あくまで間食にだけ、少量与えるようにしましょう。

療法食

ペットの内臓疾患等の体調不良に対し、フード中の栄養成分を調整し、治療を補助する目的のフードです。
総合栄養食のフードと違い、栄養成分が目的別にかなり偏って作られていますので、間違えないように、腎臓サポート、下部尿路サポート、などの様に目的別に名称がついています。

猫コンテンツ

  • 猫スポとは?
  • 猫用語集
  • 猫動画集
  • 猫スポの運営スタッフブログ「スポブロ」

おすすめスポット

猫スポオススメの猫処

スポスポグループサイト